このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

利用案内

資料の利用

貸出

図書

貸出手続をとるには、本館3階メインカウンターで借りたい図書と学生証または図書館カードを3階メインカウンターに一緒に提出してください。学生証または図書館カードをお忘れになった場合は貸出ができません。

本館書庫内の図書については、5階書庫利用カウンターで貸出手続をおこなってください。

中央館3階と法科大学院分室にある自動貸出機でも貸出手続ができます。

文芸分室と法科大学院分室のカウンターでも貸出手続ができます。

貸出冊数と期間(通常)

利用区分 貸出冊数 貸出期間
学生 10冊まで 15日以内
院生・研修生・職員 20冊まで 1ヶ月以内
教員 45冊まで 3ヶ月以内
卒業生 5冊まで 15日以内
一般公開(B会員) 3冊まで 15日以内
注意事項
  • AV資料と付属資料の貸出点数は、それぞれ図書の貸出冊数とは別にカウントします。
  • 変更がある場合には、あらかじめ掲示・中央図書館HPにてお知らせします。

付属資料(DVD・CD-ROM・FD等)

図書その他の資料に付随しているメディアを指します。(OPACでは”付属資料”と表示されています。)

貸出手続きをとるには、3階メインカウンターで借りたい資料と学生証または図書館カードを3階メインカウンターに一緒に提出してください。

注意事項
  • 学生証または図書館カードをお忘れになった場合は貸出ができません。
  • 付属資料のみの貸出は行いません。
  • 付属資料は、予約できません。
  • 付属資料は、必ず貸出されたカウンターで返却してください。
  • 権利関係の問題で貸出できない資料もあります。

AV資料(DVD・ビデオ・CD)

付属資料とは異なり、単体で販売されている映像資料を指します。

貸出手続をとるには、3階メインカウンターで借りたい資料と学生証(または図書館カード)を3階メインカウンターに一緒に提出してください。学生証(または図書館カード)を忘れた場合は貸出ができません。

AV資料の貸出点数と期間(通常)

利用区分 貸出点数 貸出期間
学生・院生・研修生・教員・職員 2点まで 8日以内
注意事項
  • 図書の貸出冊数は、AV資料の貸出点数とは別にカウントします。
  • AV資料の延長貸出はできません。
  • 付属資料は、必ず貸出されたカウンターで返却してください。
  • 権利関係の都合上、貸出できない資料もあります。それらの資料は館内でご利用ください。
  • 変更がある場合には、あらかじめ掲示・中央図書館HPにてお知らせします。

貸出できない資料

以下の資料は原則として貸出できません。館内のみでのご利用となります。

  • 開架参考図書(請求記号ラベルが青色)
  • 指定図書
  • 貴重図書
  • 博士学位論文
  • 特殊資料(Microfilm等)
  • 雑誌・新聞(縮刷版を含む)など逐次刊行物
  • その他、"貸出できません"シールを貼っている資料

延長貸出

学生証・図書館カードを3階メインカウンターに提出してください。(延長したい図書のタイトルはあらかじめ確認しておいてください。)手続を行った日の返却期日まで、貸出期間が延長されます。

借りている図書に予約が入っておらず、かつ現在貸出中の図書が返却期日を超過していない場合に限り1回のみ延長貸出ができます。

Myライブラリーのページからオンラインの延長貸出もできます。

注意事項
  • 貸出中の図書で1冊でも返却期日を超過しているものがあれば、延長貸出はできません。また、試験期間中も延長貸出はできません。
  • 電話による延長貸出は受け付けていません。
  • AV資料は、延長貸出はできません。

返却

返却手続は、3階メインカウンター・文芸分室・法科大学院分室の各カウンター、法科大学院分室の自動貸出機で返却手続ができます。

学生証・図書館カードの提示は不要です。

資料は、必ず期間内に返却してください。返却期日以降に返された場合、遅れた日数分が貸出停止期間となります。

中央館1階の図書館側玄関Eキャンパスブロッサムカフェ1階に時間外返却ポストを設置しています。閉館時や休館日の返却に利用してください。但し、DVD・CD-ROMなどの資料については、破損の恐れがあるので貸出を行ったカウンターに返却してください。

予約/取寄せ

  • OPACの検索結果(書誌詳細)画面に表示されるアイコン→ をクリックして申し込む。(要ログイン)
  • 本館3階メインカウンターで申し込む。
  • 予約/取寄せ図書の取り置き期間は、通常返却日を含めて6日間です。
    (試験期間中は返却日を含めて3日間。)
  • AV資料の予約は、メインカウンターで手続きができます。(OPAC、Myライブラリーからの予約はできません。)
  • 不要となった予約/取寄せは、Myライブラリーで取消してください。

予約

図書が貸出中である場合、予約をすると返却後、優先的に利用ができます。

取寄せ

貸出中でない図書を取り寄せて、中央図書館カウンターで貸出ができます。

注意事項
  • 一部、予約/取寄せできない図書もあります。
    工業高専図書館の資料は、全て予約/取寄せできません。
  • 複数の予約/取寄せが入っている場合には、予約者順に順次利用していただきます。
  • 複数の図書が貸出中の場合、予約/取寄せは自動的に全ての図書におこなわれ、 一番早くご用意できた図書を提供します。
  • 大量の予約が入った図書は、一時的に館内のみ閲覧とさせていただくときがあります。その際には予約者宛に連絡いたします。
  • 取寄せは、土日祝日、休館日などには配送をおこなうことができません。
  • 予約/取寄せは、最大10件までおこなえます。
  • 卒業生、一般公開利用登録者の方は、ご利用いただくことができません。

購入希望図書申込

中央図書館にない図書で購入を希望するものがあれば、3・4階カウンターにある購入希望図書申込用紙を利用して申し込んでください。

Myライブラリーのページからオンラインでの申込みもできます。

大学図書館として選書しますので、申し込まれた図書を購入できない場合があります。また、原則として下記に該当するものは購入いたしません。

  • 娯楽書、読み物、自己啓発書、雑誌
  • 個人購入が望ましい図書(教科書、受験参考書、実用書等)
  • 文庫・新書等1000円未満の図書
  • 予算との関係で極端に高価な図書

絶版、品切れのため入手できない場合はご容赦ください。(申し込まれた方にはその旨ご連絡いたします)

改訂されている場合は、原則として最新版を購入します。

購入を決定した場合できるだけ早急に手続きをいたしますが、日数がかかりますのでご了承ください。

資料の複写

図書館においては、著作権法により、教育、研究調査、学習に利用する場合に限り、所蔵する資料の「一部分」を「一部」のみ複写することが認められています。
また、図書館内に設置しているコピー機は、図書館の所蔵資料の複写以外は認められておりません。したがってご自身の持ち込まれたノート、その他著作物の複写はできません。そのような行為を発見した場合には直ちにコピー機の使用を中止させていただきます。
コピー機は3、4、5階の各閲覧室にあり、コイン(現金)とコピーカード(プリペイド式)がご利用いただけます。

料金

コピー種別 料金
単色(黒色)コピー A3~B5(全サイズ10円)
カラーコピー A3~B5(全サイズ50円)
マイクロ資料の複写(白黒のみ) A3=20円、B4=20円、A4=10円(学内の方)

カラーコピーおよびマイクロ資料の複写は、3階メインカウンターに請求してください。

複写機の利用に関しては、(社)著作権情報センターHP内の図書館と著作権(944KB)8ページ「Q2.コイン式複写機を用いて複写サービスを行うことに問題がありますか?」等をご参照ください。

資料を紛失された場合

中央図書館所蔵の資料を紛失または破損された場合は、3階メインカウンターまで申し出てください。

Adobe Readerのダウンロード

PDFデータをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社Webサイトより無償配布されておりますのでインストールください。