このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

新型コロナウイルス感染症対応 特設ページ
休館・サービス情報/電子図書館サービス

学生の大学構内立ち入り禁止措置に伴い、中央図書館、ビブリオシアター、理工・文芸・法科大学院分室は、4月3日(金)から5月31日(日)まで、臨時休館しております。

近畿大学が契約している電子ブック・電子ジャーナル・データベースの多くは自宅からも利用可能です。ご不便をおかけしますが、是非、中央図書館のサービスをご活用ください。

最新TOPICS

TOPICS

休館・サービス情報

自宅から利用できる電子図書館サービス

利用拡大/特別トライアルの電子コンテンツ

※自宅からアクセスする方法は、①RemoteXまたは②学認にログインが必要なもの、③そのままご利用可能なもの、の3通りあります

アクセス方法 アイコン 説明
RemoteX RemoteXの利用方法はこちらをご確認ください。
学認 それぞれのデータベースにログイン方法の解説があります。
そのまま利用可能 自宅からも、リンクをクリックすればそのままご利用できます
(RemoteX、学認の認証は不要)

データベース

コンテンツ JapanKnowledge Lib(ジャパンナレッジ)
内容 同時アクセス数50に拡大
期間 2020年7月31日まで
コンテンツ 聞蔵IIビジュアル(朝日新聞データベース)
内容 同時アクセス数50に拡大
期間 2020年6月30日まで
コンテンツ SciFinder
または
内容 RemoteXからも、RemoteXを使わなくても、アクセス可能。
アクセスするには、近大発行メールアドレスで利用者登録をしてください。
こちらのリンクから、SciFinderの利用方法等をご確認ください。
期間 2020年6月15日まで
コンテンツ 第一法規 法情報総合データベース
内容 『D1-Law.com 現行法規』の一部無償提供
現在、過去、未来の法令が確認できます。 
※【ご利用にあたっての禁止事項】をご確認ください。
期間 2020年5月31日まで
コンテンツ LEX/DBインターネット
内容 RemoteXsから学外利用可
同時アクセス数50
期間 2020年8月31日まで
コンテンツ Beck Online (ベックオンライン)
内容 RemoteXsから学外利用可
期間 2020年5月31日まで(東大阪キャンパスのみ)
コンテンツ Juris Online (ユリスオンライン)
内容 RemoteXsから学外利用可
期間 2020年6月30日まで(東大阪キャンパスのみ)
コンテンツ 日本建築学会論文等検索システム
内容 RemoteXsから学外利用可
※初回サインイン時は、ユーザ登録が必要です。登録後は、登録ID(メールアドレス)とパスワードでサインインできます。
サインイン方法については、以下PDFをダウンロードしてご確認ください。
日本建築学会サインイン資料(435 KB)
期間 未定(2020年5月現在)

電子ブック

コンテンツ Maruzen eBook Library
内容 提供されているうち、一部図書が同時アクセス数50に拡大
慶應義塾大学出版会・勁草書房・東京大学出版会・みすず書房・有斐閣・吉川弘文館・丸善などの出版社の協力による。
学外から利用する方法については、以下PDFをダウンロードしてご確認ください。
Maruzen eBook Library 利用マニュアル(600 KB)
期間 2020年7月31日まで
コンテンツ ScienceDirect(Elsevier社)
内容 電子ブックのうち、教科書256点を学術機関向けに無料で提供。
※RemoteXからログインして、ScienceDirectを選択してください。
期間 2020年6月16日まで
コンテンツ OverDrive
内容 Duke Classics 約4000タイトルが無料。
※Duke Classicsは、幅広い年齢層を対象とした、海外の古典やスタンダードな文学作品の英語版。
学外から利用する方法については、以下PDFをダウンロードしてご確認ください。
 OverDrive 電子図書館サービス(652 KB)
期間 1年間(2021年3月予定)
コンテンツ Cambridge Core
内容 学術図書約700冊が、アクセス可能。
ご利用方法については、以下PDFをダウンロードしてご確認ください。
Cambridge Core のアクセス・電子ブック閲覧方法(532 KB)
期間 未定(2020年5月現在)

遠隔授業に役立つ情報(資料の利用・著作権関連)

新型コロナウイルス関連情報

学内関連ページ